知っておいた方がいい?誹謗中傷対策の方法

そもそも誹謗中傷とは?

インターネット上では、様々な人がSNSや掲示板などを通して好きなように書き込みをすることができます。その書き込みの対象となるのは、芸能人のような有名人ばかりではなく、個人に向けられてしまうこともあります。ネットで悪意のあるコメントをされて嫌な思いをした経験がある人もいるのではないでしょうか?誹謗中傷とは、根拠のない嫌がらせで人を貶めることを指します。事実に沿って改善点を示すような批判とは異なるので、あまりにひどい誹謗中傷を受けた場合は対策が必要となるでしょう。

具体的な対策方法とは?

ネット上で名誉毀損やプライバシーの侵害があった場合、その情報の元となる発信者を個人が特定するのは難しいのが現状ですよね。ただ特定はできなかったとしても、SNSへの書き込みであればそのサイトの管理人に削除依頼をすることで、コメントを削除してもらうことができます。解決方法が分からないケースでも、全国にある法務局を利用すると良いでしょう。誹謗中傷を行った発信者の情報開示や削除方法について手助けをしてくれます。

誹謗中傷を放っておくと大変なことに!?

会社への誹謗中傷などをそのまま放置していると、不利益を被る可能性があります。ネットの情報は放置しておくと、どんどん広まってしまう危険があり、売上損失や就職希望者の減少といった実害に発展してしまうかもしれません。しかし、仕事をしつつ誹謗中傷対策をするのは難しいのが現状ですよね。ただ早めに対策するほど会社の利益を損なわずにすむので、対策専門の業者やネットに精通した弁護士などに依頼することをおすすめします。

掲示板で常識のない投稿をした結果、誹謗中傷を受けてしまう場合もあります。安易に投稿を行わないことも誹謗中傷対策の一つといえるでしょう。